熱海MOA美術館

Category: 未分類  

ホテルのチェックアウトをすませ、いざ熱海MOA美術館へ
CIMG0365.jpg

CIMG0366.jpg

長いエスカレーターを乗りついで綺麗なドームの天井の広場へ。なんだか天国へ続くエスカr-ターみたい
CIMG0369.jpg

CIMG0370.jpg

今は特別展は「日本画の巨匠」横山大観、菱田春草、竹内栖鳳、川合玉堂など有名な日本画の展示です。竹内栖鳳の鹿や雀など動物の絵が今にも動き出しそうでした動物の毛並み、触りたくなるくらいリアルさを感じました。
CIMG0371.jpg

美術館の中にある能楽堂!
CIMG0373.jpg

秀吉が作った金の茶室のレプリカ神々しいです。この茶室は今は本物は残っていませんが色々な資料をもとに復元されているそうです。この茶室は組み立て式で秀吉が御所へ持って行き御所内で組み立て天皇にお茶を差し上げたそうです。
CIMG0377.jpg

初めは成金趣味の秀吉が建てたお茶室かと思っていましたがどこか趣を感じられました。何かの本で読んだのですが夕日がこの赤い障子に当たり金の壁を照らすと何とも言えない位美しいそうです!見てみたいものですね!
CIMG0379.jpg

尾形光琳の紅梅白梅図のレプリカです。本物は2月頃、展示されます!
CIMG0380.jpg

美術館の外に尾形光琳のお屋敷が京都より移築されています。
CIMG0408.jpg

CIMG0410.jpg

2013_1202_024038-CIMG0402.jpg

光琳はお茶をこよなく愛してこのお屋敷にもお茶室が3つあります。このおくどさんは茶会席料理を作る時に沢山のコンロがいると言う事でおくどさんが7つもあります。紅梅白梅図もこのお屋敷の2階の仕事場で描かれたそうです。この時代おくどさんが対面式になっていて蔵も外へ出なくても行けるように母屋とつながっているそうです。このお屋敷の設計も光琳がしたそうです。対面式キッチンなんてまるで今のマンションの様光琳は晩年、大好きなお茶をしたり2階の彼のアトリエで絵を描いたり優雅な時間を過ごされたのですね羨ましい限りですね。紅梅白梅図屏風はこのお屋敷で描かれたそうです。光琳は今でいう画家兼デザイナーですね。素晴らしい才能の持ち主とあらためて感じました。
CIMG0416.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。皆で帰途につきました。楽しい一泊二日の旅でした
CIMG0419.jpg
スポンサーサイト

 2013_12_06


Comments

NoTitle 

素晴らしい美術館ですね。
熱海、とても素敵な旅が出来でよかったですね^^

それから、暖かいコメント沢山いただいて、ほんとうにありがとうございました。
tomato  URL   2013-12-06 16:15  

tomatoさんへ 

このMOA美術館は宗教法人の美術館です!とても良い物を沢山保有していてとても広いので見るのに時間がかかります!この日はお天気もよく、高台にあるので熱海の海が綺麗に見えました。tomatoさん無理せず早く元気になって下さいね!!
みゅうぽっぽ  URL   2013-12-06 22:44  

 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

やよの四季折々

黒ねこ時計 くろック E01



.