やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  「船越保武彫刻展ーまなざしの無効に」 in 練馬区立美術館!

この前、「ぶらぶら美術・博物館」と言うテレビの番組で練馬美術館で私の好きな船越保武さんの展示会をやっている事を知りパパさんと見に行きました練馬美術館、初めて行きました。美術館の入口にまるで狛犬の様にトンボがいます!
2015_0903_235753-CIMG2934.jpg

2015_0904_004419-CIMG2944.jpg

2015_0904_004410-CIMG2943.jpg

2015_0904_004239-CIMG2941.jpg

2015_0904_004352-CIMG2942.jpg

2015_0904_000126-CIMG2938.jpg

チケットを買い中へ!
2015_0904_000108-CIMG2937.jpg

船越さんの作品はとっても美しい憂いのあるお顔をしています。吸い込まれる様な気がします。
2015_0904_033641-CIMG2951.jpg

船越さんと言うと長崎の二十六殉教記念像を作られた事で有名です。デッサンの二十六殉教者は足が地についているのですが彫刻の足は足を伸ばし、浮いている様でした。これは二十六殉教者が亡くなられて昇天される所だそうです。実際は耳をそがれ鼻を削がれ痛々しい姿だったそうですが船越さんは綺麗なお顔で天に召される様子を表されていました。船越さんは長男のお子さんを肺炎で亡くされ黄色い水仙に包まれた亡くなった息子さんの絵は胸が詰まるものがありました。とっても可愛いお顔をした絵でした。船越さんはそれからクリスチャンになられたそうです。
2015_0904_033707-CIMG2953.jpg

船越さんは脳梗塞を患われ右手が効かなくなられても左手で前の様な繊細なものは作れなくなられましたがとても力強い作品を残されています。とても素晴らしい彫刻家です。亡くなられた2/5、長崎の殉教者の方達の記念日だったそうです。
2015_0904_033739-CIMG2954.jpg

2015_0904_033842-CIMG2957.jpg

美術館を出ると美術館の前が練馬区立美術の森と言う公園になっていて色々な動物のオブジェがありました。なんだか楽しくなりました
2015_0904_004517-CIMG2947.jpg
2015_0904_004609-CIMG2949.jpg
2015_0904_004446-CIMG2945.jpg
2015_0903_235729-CIMG2933.jpg
スポンサーサイト

   コメント

本当に、綺麗で憂いのあるお顔をされてますね。
見てると、とても優しいキモチになれますね~
素敵です^^

お庭のオブジェも可愛いです。

tomatoさんへ

> 船越さんの作品は本当に優しいお顔で心にしみます。船越さんの長男はほんとうに幼い時に病気で亡くなり船越さんは叔父さんのお宅から黄色い水仙のお花を全部もらい、最後の息子さんの絵を描かれたそうです。涙で絵が汚れない様に一生懸命描かれたそうです。その時の船越さんの気持ちを思うと胸が詰まります。次男の船越桂さんも今は有名な彫刻家になられ、やはり優しい彫刻を作られています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/1863-9643701c

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」



月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2



プロフィール


みゅうぽっぽ

Author:みゅうぽっぽ
FC2ブログへようこそ!


最新記事



最新コメント



カテゴリ



キラキラ星2



検索フォーム



リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR