<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
貴舟神社!
次の日(28日)朝、JRの観光バスぶらっと京都に乗り貴船神社へ
2015_1027_210411-CIMG3909.jpg

50分程乗り貴船神社に着きました。赤い灯篭が綺麗です!
2015_1027_220336-CIMG3912.jpg

2015_1027_220554-CIMG3914.jpg

ここは絵馬の発祥の地始めは良いお天気を願う時は白い馬を、雨を願う時は黒い馬を奉納していたそうです。それも大変なので大きな絵馬の替えたそうです。大きい絵馬もたいへんと言う事で今の小さな絵馬に変わったそうです!
2015_1027_221117-CIMG3918.jpg

神社の中に石庭がありました。昭和の作庭家の第一人者重森三玲氏(東福寺のお庭を作った事で有名です)が昭和40年に古代の人々が神祭りを行った神聖な祭場 天津磐境(あまついわさか)をイメージして作った石庭です。この石庭は貴舟石でつくられ庭全体が船の形をしているのが特徴です!
2015_1027_221939-CIMG3921.jpg

本殿をお参りして今度は貴船神社の中宮、結社へ
2015_1027_221603-CIMG3919.jpg

2015_1027_223733-CIMG3941.jpg

この舟形の自然石は貴舟の山奥より出土。重さは6t。船は古くから唯つの交通手段で人と人を結ぶとして縁結びの信仰が行われたそうです。
2015_1027_222931-CIMG3931.jpg

中宮を出て奥宮へ
2015_1027_224436-CIMG3946.jpg

2015_1027_224426-CIMG3945.jpg

この石垣は中宮にあった舟形の石船(これはレプリカの様な物で)本物の石船がこの石垣の中に入れてあると言い伝えられているそうです。われわれ下々の物が見れない様に石垣の中に入れ蓋がしてあるそうです。なにせ神様が乗って来られた船だからだそうです!
2015_1027_224542-CIMG3948.jpg

御朱印、いただきました!
2015_1030_102538-CIMG4155.jpg

貴舟神社の道路を挟んで貴舟川が流れています。夏はこの川の上に川床をつくりその上でお食事をしたりするそうです。涼しそうです!ここの川床(かわどこ)は川の真上に床を作ります。京都の鴨川などにあるのは川に突き出ているだけで川床(かわゆか)と言うそうです。貴舟神社を後にして今度は上鴨神社へ向かいます
2015_1027_225318-CIMG3956.jpg

2015_1027_223654-CIMG3939.jpg

2015_1027_225535-CIMG3958.jpg
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

素晴らしい
知的好奇心のおもむくまま、美を求めて前進するミュウポッポさんには脱帽です。年のせいでしょうか、前よりも後ろを振り返ることが多くなってしまったような気がします。そんなことじゃダメですよね。
No title
みゅうぽっぽさん、京都に行かれてたのですねー
いいところですよね。
大好きです^^

貴舟神社、行ってみたくなりました^^
素晴らしですね。
ざくろいしさんへ
ざくろいしさん、お誉めにいただき恐縮です!ただ興味の赴くまま、動いているだけで知識のない私、もう少し勉強しなくては!
tomatoさんへ
京都、いいところですね!!何度行っても飽きません。貴舟神社はやっぱり夏が良いかもしれません!川床で食事してみたいですね!
やよの四季折々
黒ねこ時計 くろック E01
ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」
ハロウィンカウントダウン
ブログパーツ制作
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
プロフィール

みゅうぽっぽ

Author:みゅうぽっぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
キラキラ星2
Pika_Mouse
powered by
3ET
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR