やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  建仁寺 Part2!

建仁寺を見ている途中履物を履いて外へさすが禅寺、お茶室があります。
2015_1029_045834-CIMG4131.jpg

東陽坊というこのお茶室、利休高第の一人真如堂長盛の好みと言われ秀吉の北野大茶会にて紙屋川の土手に建てられた副席と伝えられているお茶室だそうです。
2015_1029_045444-CIMG4124.jpg


2015_1029_045536-CIMG4127.jpg

落ち着いた空間です。
2015_1029_045524-CIMG4126.jpg

法堂に行くと天上に小泉淳作さんの描かれた2匹の龍の双龍図吸い込まれる様な美しさ荘厳な空気が流れていました。
2015_1029_044234-CIMG4121.jpg

菩薩像と双龍図がぴったりで本当に素敵な空間でした建仁寺、本当にすべて かっこいい禅寺でした私、建仁寺のファンのなってしまいました
2015_1029_043838-CIMG4115.jpg

もちろん、御朱印もいただきました
2015_1030_102820-CIMG4157.jpg

夕食を済ませ新幹線に乗り横浜へと帰途に着きました。
2015_1029_072231-CIMG4139.jpg
スポンサーサイト

   コメント

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

NoTitle

京都は、やっぱり素敵なところですね。

素晴らしいお寺の眺め、見せて下さってありがとうございます。
私もね、昨日父の納骨に東本願寺まで出かけてきました。
京都タワーがお寺から見えました^^
日帰りで時間がなくて、何処も寄ってませんが、
ミュウポっぽさんの記事を拝見させてもらって、
なんだかまた奥が深い京都の魅力感じさせてもらえました。
ありがとうございます。

tomatoさんへ

tomatoさんこんにちは!お父様の納骨に行かれたのですね!私も父を亡くしてもう16年経ちます。この6月には17回忌に実家に帰りました。納骨、なんだか寂しいですがお父様はきっと天国からtomatoさんを見守って下さってますよ!素敵なお寺で眠っていらっしゃるのですね!!京都って何回行っても飽きない日本人のDNAを刺激する素敵な街ですね!!

鬼藤千春さんへ

拙いぶろぐを覗いてくださりありがとうございました。毎日の事、興味ある事を綴っています。鬼藤さんは短歌を読まれるのですね!凄いですね!また訪問させていただきます。

茶室

みゅうぽっぽさん
今晩は

お茶室の写真は星野村茶の文化館の
茶室とよく似ていますね
背をかがめて入るのはどこも同じようですか

ぼん天さんへ

ぼん天さん、こんにちは!このお茶室も星の村と一緒で小間です。広さは同じ位ですね!でもちょっとデザインが違うかもです。にじり口は同じですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/1920-9da624b6

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」



月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2



プロフィール


みゅうぽっぽ

Author:みゅうぽっぽ
FC2ブログへようこそ!


最新記事



最新コメント



カテゴリ



キラキラ星2



検索フォーム



リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR