やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて




船越桂/私の中のスフィンクス展 in 群馬県立館林美術館Part2 :: 2015/11/26(Thu)


さあ、いよいよ美術館の中へ
2015_1123_003909-CIMG4520.jpg

展示室のポスター
2015_1123_000308-CIMG4514.jpg

受付でいただいたスフィンクスのチラシ。
2015_1123_041033-CIMG4545.jpg

船越桂さんは前、練馬美術館で見た船越保武さんの二男さんです。お父様の保武さんの作品も本当に美しい作品でした。桂さんの作品にもお父様と同じ優しさを感じました。桂さんは木彫で目は大理石で作られています。どこか遠くを見ている優しい目、憂いを感じます。カエルの子はカエルですね!
彫刻はもちろんのドローイングの素晴らしい事!
2015_1123_042154-CIMG4549.jpg
2015_1123_042209-CIMG4550.jpg

2015_1123_042335-CIMG4553.jpg

2015_1123_044703-CIMG4561.jpg

2015_1123_044741-CIMG4562.jpg

2015_1123_044810-CIMG4563.jpg

どの作品も吸い込まれそうな魅力があります。お父様の保武さんと同じやさしさと桂さん独自の世界!素敵な展示会でした。
2015_1123_221929-CIMG4567.jpg

別館は常設のフランソワ・ポンポンさんのアトリエが再現してあります。
2015_1123_003902-CIMG4519.jpg

ポンポンさんの代表作「白くま」です。小さいですが太い足で今にも動き出しそうです!
2015_1123_042825-CIMG4559.jpg

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<保土ヶ谷公園のイチョウ並木! | top | 船越 桂/私の中のスフィンクス in群馬県立館林美術館!Part1>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/1938-c8c741c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)