やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  京都旅行!Part1 奈良国立博物館

娘が京都市美術館で行われている京都版画トリエンナーレに出展しているのでそれを見る為京都に向かいました。朝、5:00に出発まだ真っ暗娘のアーチストトークが午後からなのでまずは奈良へ奈良博(奈良国立博物館)のお水取り展を見に行きました。
2016_0305_181746-CIMG8922.jpg

四日市を通り奈良へ
2016_0305_212703-CIMG8926.jpg

奈良博に到着
2016_0305_232615-CIMG8927.jpg

2016_0305_232629-CIMG8929.jpg

2016_0305_233035-CIMG8934.jpg


二月堂のお水取りは若狭の国の遠敷明神が二月堂のほとりに清水を湧きださせ観音様に奉ったという由来があります。お水取りは咒師(しゅし)が須弥壇の周りを回りながら一人づつ五体投地(体を床に打ちつけてお参りをする)をしておお子ら松明に火をつけ二月堂の中を駆け回ります。この火の子を浴びると1年、健康で過ごせるそうです。この時期はお寺の中には女性が入れない女人禁制だそうです。
2016_0305_233410-CIMG8939.jpg

これは籠松明です。竹の先に松の板と杉の葉を束ねて藤蔓で結わえています。舞台の欄干を走り回り振られます。この火の子に浴びると良いそうです。竹の根がついているのが特徴で長さ8m、重さ80kg一人の童子がかつぐそうです凄い
2016_0305_233257-CIMG8936.jpg

2016_0305_233315-CIMG8938.jpg

これは3/1~3/14の本業中本物の椿の枝にお坊さんたちが作られた椿の造花を付けて二月堂本尊十一面観音に奉納するそうです。とても可愛い椿の造花です
2016_0306_001145-CIMG8940.jpg

奈良博を見終わり外へ出るとしか達がお迎えしてくれました可愛い
2016_0305_232812-CIMG8932.jpg

さあ今度は京都市美術館へ向かいます
2016_0305_232721-CIMG8930.jpg
スポンサーサイト

   コメント

お水とりの時期ですね。
二月堂、私は暑い時期に行きました。
今の時期に行ってみたいです。

お嬢さんの作品が展示されたのですね。
凄いです^^
是非拝見したいです。

tomatoさんへ

娘の作品は何と言いましょうか、現代アートなので理解に苦しみます。鮫が主題で人間の背中から鮫のひれが出てきたり・・・。でもアトリエに泊まり込んだりして制作して頑張っていたので変な事は言えません(笑)皆さん力作出したよ!!お水取りは本当は夜、二月堂へ行って火の子を浴びると良いのでしょうがそれは出来ませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/2040-0551db06

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」



月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2



プロフィール


みゅうぽっぽ

Author:みゅうぽっぽ
FC2ブログへようこそ!


最新記事



最新コメント



カテゴリ



キラキラ星2



検索フォーム



リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR