やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  「フェルメールとレンブラント展」 in 森アーツセンターギャラリー!


森アーツセンターギャラリーはヒルズの52階エレベーター乗り継いで到着結構混んではいましたがよく見ることができました。
2016_0329_014908-CIMG9399.jpg

この展示会はフェルメールとレンブラントだけではなく17世紀のオランダの画家の絵も沢山展示してありました。17世紀はオランダの黄金時代と言われ経済の急成長とともに、新たな芸術文化が発展したそうです。優れた画家たちを沢山、輩出しました。中でもフェルメールは「光の画家」として知られレンブラントは独特な技法と構図で人気を得ました。
2016_0329_030306-CIMG9404.jpg

フェルメールのラピスラズリーの色はほんとうに美しかったです
2016_0329_014328-CIMG9398.jpg

2016_0329_002508-CIMG9378.jpg

私たちが美術館を出る時入場を待っている人の凄い列が私たちはとてもタイミングよく見ることができました
2016_0329_030227-CIMG9402.jpg

会場を出て通路に出ると窓から東京を見渡すことができます。新宿方面。都庁が見えます。
2016_0329_024030-CIMG9401.jpg

面白い形の建物も見えますマンションでしょうか
2016_0329_024009-CIMG9400.jpg
スポンサーサイト

   コメント

NoTitle

フェルメール、、、気にはなっていたのですが。。。
この青の色はやはり素敵ですね。

レンブラントの力強い作品もいいですね。

野いちごさんへ

そうですね!フェルメールと言えばこのラピスラズリーの青!私はこれで5回ほどフェルメール展見ていますがフェルメールはラピスラズリーの青の洋服と窓からの光、人物の後ろの壁にかけてある地図の構図が多いですね!レンブラントの光の魔術師と言われる程、光の美しさを描いています。素晴らしいですね!でもいつもフェルメール展と言う割にフェルメールの作品は1点位で後はオランダの他の画家たち。もちろん他の赤の方達の作品も素晴らしいのですが、ついこれだけ?って思ってしまいます。今回もやはりレンブラント、フェルメール1点ずつでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/2065-f0a5e76f

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」