やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  篠笛を聞く会!


今日は鎌倉山のお友達のお宅で篠笛を聞く会があると言う事でお手伝いに伺いました。お茶メンバーで聴きにいらした方々にお薄とお菓子をお出しします。先生がお茶を点てられ私たちはお運びをしました。篠笛と一言に言っても色々な種類があります。篠笛は最初人々に聞かせるのではなく仏様や神様に捧げる為に演奏せれたそうです。竹に穴をあけてだけの楽器なのに遠くまで聞こえるピーンと張った綺麗な音でした牛若丸五条の橋で吹いたのも篠笛、下から2番目の篠笛が牛若丸が吹いた篠笛と同じ形だそうです。
2016_0420_041247-CIMG9735.jpg


篠笛は中国から奈良時代に伝わったものだそうです。とても素敵な演奏ありがとうございました
2016_0420_041512-CIMG9737.jpg

2016_0420_041518-CIMG9738.jpg

2016_0420_041523-CIMG9739.jpg
スポンサーサイト

   コメント

NoTitle

篠笛にもたくさんの種類があるのですね。
みな、音色が違うのでしょう。

和楽器は能楽の時にしか聞いたことがありませんが、
背筋がピンと伸びますね。

野いちごさんへ

篠笛は短いほど高い音が出るそうです。お能や歌舞伎で使われる篠笛など音が澄み切って美しいのと色々な音色で表現出来る優れ物の篠笛でした。本当に竹に穴があいているだけなのにあんな力強い音が出るなんてびっくりでした。奏者のかたが指を滑らしたり震わせたりで色々な表現が出来ると教えてくださいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/2083-e5198e1e

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」