やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

畠山記念館=お茶室見学Part2

お茶室でお薄をいただいた後、記念館の方へ。今は「尾形光琳没後300年記念 光琳とその後継者たち」です。この日のメインは光琳の描いた「つつじ図」でした。お茶席のお干菓子もこのメインのつつじと兜。光琳を始め乾山、渡辺始興、酒井抱一などの絵画や工芸品。お茶碗、向付け、茶入れ、硯箱、お軸などなどとても素晴らしい物ばかりいい目の保養になりました
2016_0504_010928-CIMG9993.jpg

2016_0504_065556-CIMG0031.jpg

記念館を出てお庭の散策へ。風が爽やかで緑がとても綺麗でした。風薫る緑ですね
2016_0504_031033-CIMG0014.jpg

2016_0504_031300-CIMG0016.jpg

石灯籠の笠に紅葉の影が
2016_0504_031531-CIMG0017.jpg

2016_0504_031930-CIMG0024.jpg

2016_0504_031747-CIMG0021.jpg


2016_0504_011935-CIMG0007.jpg

畠山記念館を出て行きと反対側の白金に。途中八芳園でお茶をして帰りました。楽しい1日でした。
2016_0504_040053-CIMG0028.jpg
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<わが家の端午の節句 | やよの四季折々 | 畠山記念館=お茶室見学!Part1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やよの四季折々 |