やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

  複製技術と美術家たちーピカソからウォールまで in 横浜美術館!



姉が帰る日になりました。飛行機が3:40なので横浜美術館に行くことにしました。
2016_0523_002853-CIMG0456.jpg

2016_0523_002833-CIMG0455.jpg

今、横浜美術館では「複製技術と美術家たちーピカソからウォーホルまで」と題して富士ゼロックス版画コレクションをやっています。この看板のお花の絵はキャンベルの缶やマリリンモンローの絵で有名なウォーホルの絵です。
2016_0523_002818-CIMG0454.jpg

2016_0522_230941-CIMG0452.jpg

ピカソを始め20世紀の欧米を中心とする美術家たち。こうした20世紀の美術史を「複製技術」という時代背景から見直すことで芸術作品の危機に対する美術家たちの挑戦として読み解く展示会です。ピカソ、パウル・クレイ、マチス、ジョルジュ・ブラック、カンデンスキー、ウォーホルなどの美術家の複製技術を使った作品!素晴らしかったです。娘も版画を勉強していたので一緒に見に行きました。満喫して美術館を後にしました。
2016_0523_035132-CIMG0469.jpg
スポンサーサイト

   コメント

お姉様との美術館賞、、、楽しまれましたね。
複製技術も時代とともに進歩しているので
良い物が後世に残せますね。

お姉様も版画をされていたのですか?
皆さん、才能がおありなのですね。

: 野いちごさんへ

> > 野いちごさん、お早うございます!姉は版画はやっていません。姉は学芸員を千葉にいる時していて美術に関してはとても詳しくわけのわからない私にとっては一緒に美術館に行くといろいろ説明してくれるので助かります。版画をしているのは娘です。今度銀座三越で「百花繚乱-百人のバラ展」と題して女子美出身の展示会があり娘もそのかたわらに出展します。娘の作品はともかく三岸節子さんなど有名な方の作品もありますのでもし銀座に行かれることがありましたら覗いてみてください。テーマはバラです。
> 5/25~31までです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

   トラックバック

http://unefille102.blog40.fc2.com/tb.php/2114-e73cd06a

 | HOME | 

やよの四季折々



黒ねこ時計 くろック E01



ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」