やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

下関 赤間神社&壇ノ浦

11/18、横浜に向けて帰る途中、山口の叔母のお見舞いに山口に寄りました。面会時間までまだ時間があるので叔母の病院へ行く前に関門大橋を渡り下関に行きました。
2016_1118_105851-IMG_0014_convert_20161121234220.jpg

下関の赤間神宮へ寄りました。
2016_1118_112821-IMG_0019_convert_20161121233751.jpg

赤間神宮には壇ノ浦で源氏と平家が闘い平家が負けこの壇ノ浦の海に身を投げ亡くなった平家の人達のお墓があります。赤間神宮は小泉八雲の「耳なし芳一」のお話の舞台になった所です。
2016_1118_113015-IMG_0021_convert_20161121234418.jpg

平氏のお墓です。
2016_1118_113529-IMG_0024_convert_20161121235346.jpg

耳なし芳一の像
2016_1118_113718-IMG_0025_convert_20161121235620.jpg

壇ノ浦で獲れる平家蟹平氏の亡霊が乗り移ったと言う伝説があります。ほんとうに甲羅に平家の悔しそうな顔が出ている様に見えますね
2016_1118_113258-IMG_0022_convert_20161121235017.jpg

安徳天皇の御陵。安徳天皇は壇ノ浦の戦い(治承・寿永の乱1185年)で平家が負け母の健礼門院に抱かれ海に入水。まだ8歳だったそうです。健礼門院は入水後、源氏の兵に助けられ京都大原にある寂光院に入り尼になったと言い伝えられています。
2016_1118_114254-IMG_0031_convert_20161121235740.jpg

2016_1118_114145-IMG_0030_convert_20161121235858.jpg

赤間神宮の道路を挟んだ向こう側が壇ノ浦、海の流れがとても早いです。恐いくらい、始めは平家の方もこの海の流れを読み優勢な戦いをしていましたが源義経は午後より海の流れが変わる事を読み午後より源氏が優勢になりついに平家は滅亡しました。
2016_1118_115231-IMG_0043_convert_20161122000013.jpg

この碇は平知盛が碇の鎖を体に巻き付け碇共々海に入水した碇の像だと思います。
2016_1118_115245-IMG_0044_convert_20161122000213.jpg
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<秋芳洞&秋吉台 | やよの四季折々 | 「鳥獣戯画展」 in 九州国立博物館!>>

この記事のコメント

みゅうぽっぽさん
今日は
壇ノ浦の記事拝見しました
昔行った事があったので懐かしく拝見しました
今ぞ知るみもすそがわの御ながれ
波の下にもみやこありとは
2016-11-27 Sun 10:00 | URL | ぼん天棒 #-[ 内容変更] | top↑
ぼん天さん、お早うございます!赤間神宮は子どもの頃祖父、祖母に連れて行ってもらった記憶がありますがその頃はあまり興味がなく、赤い門以外あまり記憶にありませんでした。でも祖父が平家、源氏についてお話してくれたことは覚えていました。
源平合戦、前 大河ドラマの「平清盛」を思い出しました。
2016-11-27 Sun 10:32 | URL | みゅうぽっぽ #-[ 内容変更] | top↑
おはようございます!
少しバタバタしていたらゆっくりと
コメントも書くことができず申し訳ありません。

日本史を理解していると源平壇ノ浦の戦いは
面白いでしょうね。
耳なし芳一、、、淋しい顔つきですね。

お車で移動は行きたい所へ立ち寄れるので
いいですね。
ご主人様、お疲れ様です。


2016-11-27 Sun 11:06 | URL | 野いちご #-[ 内容変更] | top↑
> 野いちごさん、こんにちは!今回、母の四十九日、親戚が来てくれるのでピストンでお迎えするのに2台あった方が良いと言う事で車で行く事になり道中あちらこちらに寄り道をしてきました。山口は小さな町ですが歴史がたっぷり詰まった素敵な町でした!ほんとうに小京都でした。まだまだ山口のブログ続きます。よかったら覗いてみてください。
明日、お会いできるのを楽しみにしています。
2016-11-27 Sun 17:44 | URL | みゅうぽっぽ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| やよの四季折々 |