やよの四季折々

ネコと一緒に四季を感じて

Entries

オペラ「ノルマ」 in 日生劇場!



さあいよいよオペラ「ノルマ」を見に日生劇場に着きました。私はオペラ歌手のコンサートは行ったことがありますが歌劇としてのオペラは初めてです。ワクワク
2017_0701_133324-IMG_2635_convert_20170702193626.jpg

2017_0701_092229-IMG_2622_convert_20170702202158.jpg

席はF2の左側良く見えますオケボックスも見えます
2017_0701_092250-IMG_2623_convert_20170702201821.jpg

「ノルマ」はべッリーニ作曲です。ストーリーは古代ローマに征服されたガリア地方のケルト人はオークの古木に寄生するヤドリギ信仰の象徴として崇めたいました。ノルマは巫女として神のお告げを人々に伝えていました。巫女は独身でなければいけないのにノルマは敵のローマの地方監督ボッリオーネと恋に落ち子どもを2人もうけます。でもボッリオーネは若き巫女アダルジューザの心変わりをします。同じ人を好きになっとは知らずアダルジューザがノルマに恋の相談をしてノルマがボッリオーネの裏切りに気付き子ども共々死を選ぼうとしましたが子どもたちを手に掛けられず、それを知ったアダルージュがボッリオーねをノルマに返そうとしますがボッリオーネの気持ちが変らず怒ったノルマがローマを攻めるように伝えます。でも独身でいなければいけない自分が人々をだました事を悔いて「悪いのは私です」と言いボッリオーネにアダルジューザを連れてローマに逃げる様に言います。ボッリオーネはノルマの気持ちに気付き二人とも火あぶりの刑をうけるというお話でした。イタリア語の歌に字幕も出てよくわかりました。オペラなかなか面白かったです
2017_0701_154312-IMG_2642_convert_20170702194150.jpg

オペラとは関係ありませんがこの日生劇場有名な建築家村野藤吾の設計でアコヤ貝の天井や曲線の階段などで美しい建物です。劇場の中は撮れませんでしたが曲線の階段など撮って来ました。
2017_0701_153719-IMG_2637_convert_20170702193714.jpg

2017_0701_154126-IMG_2640_convert_20170702194012.jpg

劇場内撮影ダメなのでロビーにあった舞台からの写真を撮って来ました。
2017_0701_154208-IMG_2641_convert_20170702194104.jpg

楽しい1日でしたまた、チャンスがあればオペラ、見に行きたいですねお友だちとお友だちのお嬢さんの感謝
2017_0701_170355-IMG_2646_convert_20170702193229.jpg
スポンサーサイト

コメント

NoTitle 

こんばんは!
日生劇場は行ったことがありませんが、立派ですね。
オペラは音楽あり、踊りあり、お芝居あり。。。たのしいですね。
今、字幕が掲示板で出るのでストリーを知らなくても大丈夫ですね。
でも知っている方が数倍、楽しめます。

本当にお二方に感謝ですね。

野いちごさんへ 

野いちごさん、今晩は!私は「ノルマ」のオペラは知らなかったので行く前にインターネットのYOUtubeを見て予習して行きました。そのおかげという訳ではありませんが大変楽しく拝見しました。
字幕があるとは知らずにおかげで良くわかり楽しめました!お友だちが誘ってくれなければ「ノルマ」は知らないままでオペラの歌劇を見る事もなかったと思います。おかげでまた楽しい物を見つけられました!!
  • みゅうぽっぽ 
  • URL 
  • 2017年07月06日 20時25分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

やよの四季折々

黒ねこ時計 くろック E01

ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

プロフィール

みゅうぽっぽ

Author:みゅうぽっぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

キラキラ星2

Pika_Mouse

powered by
3ET